ペンブログNO.221

新型コロナの新たな変異株、オミクロン株が南アフリカで確認されて、総理はす早い対応を示しましたが、
またごたごたが始まりました。オミクロン株は重症にならないようなので、そんなに心配はいらないのではと考えます。
私たちは、これからワクチンの3回目の接種をして、自分の身は自分で守りましょう。
外国人の技能実習生の入国も先送りになり、受け入れ企業が大変困っています。
政府は18歳以下の給付どうするのですかね。いまだに支給方法が決まらない

最近感じることは皆さんの生活スタイルが変わってきました。街を歩く姿が少なくなったようにように感じます。家での過ごし方をすることで、コロナにも感染しないので当分はこの安定した生活を好んでいるように感じます。

 

しんわのあゆみ-1(2021.12.10)

市議会選挙の立候補を決めたのは1998年10月です。

森ペンは1998年12月末日横須賀市役所を退職する。(35年在職課長職)

市会議員当選は1999年4月末日

2000年4月介護保険法スタート

2000年5月有限会社カイセイは介護に参入する。

有限会社カイセイを組織変更2004年5月6日に株式会社しんわとする。

社名をしんわに改名したのは、森ペンが市会議員に当選して、森の輪を広めよう「森の輪」から「しんわ」になりました。

介護に参入した理由

市会議員になり、私の選挙支持者から介護の事業で困っている会社を見てくださいと頼まれました。無償の条件でその事業所に応援に入ったのですが、経営者は私の意見を聞かないので1か月位で辞めました。

そこで働いていた「輿水ケアマネ」が森さんに付いて行きたいといわれ、5月に介護を立ち上げて、輿水ケアマネを中心に安浦3丁目森ペン自宅1階で始める。

最初からこの事業を行う予定はなかったのでが、輿水ケアマネと偶然に出会ったことで今のしんわが誕生したのです。

しんわのあゆみは次号に続きが掲載されます。

 

このページの先頭へ戻る